ここから本文です

トヨタのインド販売、0.4%増の1.4万台…新型ミニバン好調 7月

レスポンス 8月3日(水)8時30分配信

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は8月1日、7月のインド新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は1万3748台(輸出を含む)。前年同月比は0.4%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

[写真:カムリ・ハイブリッド]

7月実績の1万3748台の内訳は、インド国内販売分が1万2404台。前年同月比は2.7%増と、3か月連続のプラスとなった。

車種別実績では、『カムリ』が好調で、全体の9割がハイブリッド。5月に発売した新型ミニバンの『イノーバ クリスタ』も、納車待ちが2か月の人気。

また、TKMは2012年4月から、現地生産車のエティオスシリーズの海外向け輸出を開始。7月はこのエティオスを、1344台輸出した。前年同月比は17.5%減と、4か月連続のマイナス。

TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「イノーバ クリスタの受注が好調。顧客には納車待ちが発生して、申し訳ない」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月3日(水)8時30分

レスポンス