ここから本文です

日立製作所、ディスクアレイシステム「Hitachi VSPファミリー」を強化

BCN 8月3日(水)16時19分配信

 日立製作所(日立、東原敏昭社長兼CEO)は8月2日、クラウド環境でのデータ運用管理の効率化に向け、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)ファミリー」を強化すると発表した。具体的には、クラウドと連携してファイルデータの効率的な管理を実現する「NASモジュール」として、ミッドレンジモデル3機種「VSP G400」「VSP G600」「VSP G800」に搭載可能なオプションを製品化するとともに、ITインフラの運用自動化や性能監視・分析を行うソフトウェア2製品を発売する。

 今回開発したNASモジュールは、VSPファミリーにファイルデータの管理機能を付加し、ユニファイドストレージとしてブロックデータやファイルデータなど多様な形式のデータを一元的・効率的に取り扱うことを可能とするもの。従来、多様な形式のデータを取り扱うためには、ブロックデータ管理用ストレージとしてVSPファミリーを、ファイルデータ管理用ストレージとして「Hitachi NAS Platform(HNAS)」をそれぞれ導入して組み合わせる必要があった。今回、NASモジュールを活用することで、種類の異なる多様なデータを1台で統合的に管理することが可能となった。

 VSPファミリーの高い性能、信頼性を維持。省スペース、省電力化を実現してデータ管理にかかるコストを削減する。また、利用頻度や機密性が低いファイルデータをクラウドに自動で保管する「自動マイグレーション機能」も備えており、データ保管にかかるコストを最適化できる。

 新開発のソフトウェア製品としては、ITインフラの運用自動化や性能監視・分析を行う「Hitachi Automation Director(HAD)」と、「Hitachi Infrastructure Analytics Advisor(HIAA)」を発売する。仮想環境構築やボリューム割り当てによる容量増設など、構成変更にかかる作業を自動化する「HAD」と、システムの構成情報や性能状況を自動で収集し可視化する。また性能監視や分析を容易にする「HIAA」によって、システム運用での構築、監視、分析・対処の各フェーズを支援して運用コストを低減する。

 税別価格は、VSP G400(NASモジュール搭載時)が1435万円から、VSP G600(NASモジュール搭載時)が2751万円から、VSP G800(NASモジュール搭載時)が4678万4000円から。いずれも出荷開始は10月3日。HADソフトウェアは月額2万4000円から、HIAAソフトウェアは月額1万8000円から。いずれも出荷開始は8月2日。

最終更新:8月3日(水)16時19分

BCN