ここから本文です

変人役が素に近い?「ゴーストバスターズ」の女優ケイト・マッキノンに迫った特別映像公開

映画.com 8月3日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] ニューヨークで幽霊退治に奮闘する女性たちの活躍を描いたアクションエンタテンメント「ゴーストバスターズ」で、主人公のひとりとなる天才科学者ジリアン・ホルツマン役を務めたケイト・マッキノンに迫る特別映像が公開された。

【動画】「ゴーストバスターズ」ケイト・マッキノン特別動画

 「ゴーストバスターズ」は、1980年代に一世を風びした同名作品を、主人公を女性に変えてリブート。オトコには弱いがゴーストにはめっぽう強い4人の理系女子が、幽霊退治専門会社「ゴーストバスターズ」を立ち上げ、ゴースト退治にまい進する。クリステン・ウィグ扮するエリン・ギルバートをはじめとした4人の主人公の中でも、ひときわ異彩を放っているのが、マッキノン演じるホルツマンだ。

 映像の中でマッキノンは、自らの役を「天才で風変りで武器を改良する役を担っている」と紹介。ホルツマンが、ゴースト退治の武器やガジェットを作っている様子が映し出される。武器を作っている時のホルツマンは、訳が分からない言葉を変なしゃべり方で、早口でまくしたて、明らかに変人な様子がうかがえるのだが、そんなホルツマンをマッキノンは「素の私に近い」と笑っている。

 マッキノンは、アメリカで30年以上続く長寿コメディバラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」にレギュラー出演し、コメディエンヌとして広く知られている。ジャスティン・ビーバーが出演するカルバン・クラインのCMのパロディをした動画は730万回以上再生され、人気司会者エレン・デジェネレスの番組に出演した際は、デジェネレスとそっくりの格好をしてダンスを披露するなど、著名人のモノマネでも人気で、米経済誌のフォーブスが選ぶ「30歳未満の影響力のある30人」(2012年版)に選ばれたこともある。今作では、そんなマッキノンが女優としても才能を発揮し、クレイジーでイカれたホルツマンを見事に演じている。

 今作を手がけたポール・フェイグ監督は、マッキノンの才能にいち早く気付いており、監督の熱烈ラブコールによって出演が実現。主人公4人の中でも、もっとも早く出演が決まったのがマッキノンだったという。フェイグ監督は「僕はケイトの大ファンだった。それにコメディエンヌとしてあんなに大活躍しているのに、映画の主演を務めたことがなかった。彼女にはカリスマ性を感じさせる何かがあり、彼女こそ映画スターだと僕は感じていたんだ」とベタ褒めしており、女優としてのマッキノンの今後も要注目だ。

 「ゴーストバスターズ」は8月19日全国公開。8月11~14日には先行上映も行われる。

最終更新:8月3日(水)12時0分

映画.com