ここから本文です

セクシーな東西“悪カワ”ヒロインの2ショットも実現!悪が活躍する異色アクションのワールドプレミア開催

Movie Walker 8月3日(水)5時0分配信

現地時間の8月1日に『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)のワールドプレミアがニューヨーク、ブロードウェイのビーコン・シアターにて開催された。

【写真を見る】ゴージャスなマーゴットと、セクシーなダレノガレ

会場に敷かれたレッドカーペットの周りには、ハーレイ・クインやジョーカーのコスプレをした熱烈なファンや、世界各国から集まった総勢350人のマスコミが集まり、キャストやスタッフの登場を待ち構えるなか、本作の監督を務めたデヴィッド・エアー、ハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー、暗殺者デッド・ショットを演じたウィル・スミスなどが続々と登場し会場を盛り上げた。

日本からは本作のアンバサダーを務めるダレノガレ明美が参加し、劇中で赤と青のツインテールにダメージTシャツ、ホットパンツという出で立ちで、バットを片手に華麗なアクションを披露するハーレイ・クインをイメージした“和製ハーレイ・クイン”となって登場。

ウィルがダレノガレに駆け寄り挨拶のキスをしたほか、黒に金のユニコーンがデザインされたゴージャスなドレスで登場したマーゴットも、ダレノガレの衣装を「アメイジング!」と大絶賛。

本作でカタナを演じた日系女優・福原カレンから日本語をレクチャーしてもらったというマーゴットは「こんにちは、マーゴット・ロビーです」と挨拶し、別れ際も「ありがとう!」と日本語を披露。マーゴットとダレノガレ、美女2人のツーショットも実現し、本編にも劣らないセクシーな衣装に目が離せない1枚となっている。

ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、福原カレンの3人は8月25日(木)に行われるジャパンプレミアに合わせて来日が決定しており、いよいよ日本でも本格的に『スーサイド・スクワッド』旋風が巻き起こりそうだ。【Movie Walker】

最終更新:8月3日(水)5時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。