ここから本文です

<上川隆也&中村アン>海に縁がある2人に聞く「ファインディング・ドリー」の魅力

まんたんウェブ 8月3日(水)15時43分配信

 俳優の上川隆也さんとモデルで女優の中村アンさんが、ディズニー/ピクサーの劇場版アニメーション「ファインディング・ドリー」(アンドリュー・スタントン監督)の日本語吹替版で新キャラクターの声優を務めている。上川さんは自分の体の色や形を周りに合わせて変えられるタコのハンク、中村さんは体をあちこちにぶつけてしまうジンベエザメのデスティニーの声を担当。2人にお互いの印象や収録のエピソード、見どころなどを聞いた。

【写真特集】浴衣もキマってる!上川さん&キュートなアンさん

 ◇「ファインディング・ニモ」待望の続編

 「ファインディング・ドリー」は、2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編で、前作から1年後が舞台となる。前作でカクレクマノミの二モを捜しに、ニモの父親のマーリンとともに冒険の旅に出たナンヨウハギのドリーが、今作では主人公。忘れんぼうのドリーがふとしたきっかけで離れ離れになった家族を思い出し、今度はニモとマーリンの親子とともにドリーの家族捜しの旅に出る……というストーリー。日本語吹替版は前作と同じくドリーを室井滋さん、マーリンをお笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんが担当した。

 ◇前作は「奇想天外だった」(上川さん)

 ――お互いの印象は?

 上川さん 折に触れてテレビなどで拝見する中村さんは、一度番組でご一緒したこともあるんですけれど、「噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!」(TBSのバラエティー番組)などで、芸人さんを向こうに回しても全然引けをとらないような、むしろ翻弄(ほんろう)してしまうくらいの機転と、同時にある女性らしさが感じられる方。デスティニーに関してはひたすら可愛いんですよね。そのギャップがとても魅力的だなと思いました。

 中村さん イメージ通りといいますか……、期待を裏切らない感じです(笑い)。俳優さんという軸がある中でバラエティ―での振る舞いだったり、持ち前の誠実な感じが全面的に出ていらっしゃって、そこがすごく印象が強いです。ハンクは(上川さんと)いわれないと分からなかったんですけれど。ハンクはすごくカッコよくて。見た目もそうですけれど、声のトーンや質に魅了させられて、上川さんにぴったりだと思いました。

1/5ページ

最終更新:8月3日(水)15時45分

まんたんウェブ