ここから本文です

ハム大谷のバット沈黙…栗山監督「投手の準備もさせないといけない」

デイリースポーツ 8月3日(水)5時59分配信

 「ロッテ4-3日本ハム」(2日、QVCマリンフィールド)

 日本ハム・大谷翔平投手のバットが沈黙した。「3番・指名打者」で出場し、初回の併殺打を含む3打数無安打。ロッテ、ソフトバンク上位2チームと対する6連戦の初戦を落とし、悔しさをにじませロッカーへと戻った。

 最も悔いが残ったのは、1点を追う七回2死一、三塁の場面。3番手・大谷の内角直球をフルスイングも、打球は右翼フェンス手前で失速。「ワンチャンスで得点できる場面をもらって、点を取りたかった。ちょっと詰まりました」と小声で振り返った。

 試合前は投手としての先発復帰へ向け、走り込みを中心に投手調整を行った。「投手の準備もさせないといけない」と栗山監督。競り負けで首位と再び4ゲーム差。ソフトバンクに食らいついていくためにも、投打でさらなる奮闘が求められる。

最終更新:8月3日(水)7時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報