ここから本文です

「バットマン」の武器は機内持ち込み禁止!米国運輸保安局がPR

映画.com 8月3日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 全米の空港で手荷物検査を行う米国運輸保安局(TSA)が、機内持ち込みが禁止されているにもかかわらず、没収数が減らない映画グッズがあるとしてSNSでPRしていると、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

 そのグッズは、「バットマン」に登場するコウモリの形をしたブーメラン型武器「バットラン」だ。今年1月、TSAはユタ州ソルトレイクシティ国際空港で没収したバットランの写真を公式インスタグラムに掲載。「最近ますますバットランを見かけるようになりましたが、機内持ち込み荷物に入れることは禁止されています」とコメントした。しかし、その後もバットランを機内に持ち込もうとする乗客が絶えず、先週、TSAはカリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で没収した3枚のバットランの写真をインスタグラムに投稿した。

 「乗客は武器に似たものを飛行機に持ち込むことは許されていませんから、ブーメランやそれに似たものは機内では禁止です」とTSAの広報はアピールしている。ちなみに、預け入れる荷物のなかであれば問題ないという。

最終更新:8月3日(水)12時7分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。