ここから本文です

自動機械装置メーカーがグローバル標準のERPシステム採用を決定

MONOist 8月3日(水)9時55分配信

 SAPジャパンは2016年7月15日、同社のERPシステム「SAP S/4HANA Enterprise Management」を、自動機械装置メーカーのCKDが採用したと発表した。

 CKDは自動機械装置や機能機器の総合メーカーで、約7000の商品群、50万アイテムを国内や海外で製造・販売する。CKDでは、現状の基幹システムにおいて、引合・先行情報に対する製造指示などの二重入力や、コード体系の未統一によるデータ修正作業など手作業業務の発生が課題となっていた。

 また、リアルタイムでの在庫情報の把握や、詳しい原価分析のための情報活用に対し社内ニーズが高まっており、さらにはグローバルな事業拡大に向け、業務プロセスの標準化と情報管理レベルの向上が求められていた。

 そこで、CKDでは基幹システムの刷新を検討。SAP S/4HANA Enterprise Managementの採用を決定した。採用の決め手は、中長期でのグローバル展開への対応力や実績、ベストプラクティスをベースにした経営改革や業務改革の実績、また機能要件に対する高い適合率だという。

 導入プロジェクトは既に開始しており、2017年4月に会計部分のシステムを稼働する。その後販売、購買、在庫、生産の各領域についても順次稼働させる計画だ。

最終更新:8月3日(水)9時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]