ここから本文です

<チャオ ベッラ チンクエッティ>10周年記念ライブでメンバー感慨 「解散危機何度もあった」

まんたんウェブ 8月3日(水)16時11分配信

 「THEポッシボー」から改名した4人組アイドルグループ「チャオ ベッラ チンクエッティ」が2日、東京都内でデビュー10周年の記念ライブを開催した。メンバーの岡田ロビン翔子さんは「決してアイドルの王道ではないところを歩んできた私たちですけど、こうして続けられたことは奇跡だと思う」としみじみ。橋本愛奈さんは「つんく♂さんに選んでもらったメンバーがまさか10年も続くとは思わなくて、解散危機も何度もありましたけど、それを全部乗り越えたのもファンの皆さんのおかげ」と感謝した。

【写真特集】はしもん、ごとぅー、もろりん、ロビンが熱唱!

 同グループは、2006年に女性6人で結成された「THE ポッシボー」としてデビュー。メンバーの卒業や解散危機を乗り越え、1年前にイタリア語の造語で「美少女5人組」という意味の「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名。現在は橋本さん(はしもん)、岡田さん(ロビン)、後藤夕貴さん(ごとぅー)、諸塚香奈実さん(もろりん)の4人で活動している。

 後藤さんは「これからもみんながワクワクするようなことをやっていきたい。10周年を迎えられたんで20周年もあるんじゃないかな」、諸塚さんも「始めた頃は自分より可愛くて歌がうまい子が多くて、自分に自信が持てなかったんですけど、この10年間で皆さんからもらった愛や応援で、自分に自信が持てるようになったなって思います。感謝しか無いです」と語っていた。

 ライブは、岡田さんがレギュラー出演しているbayfmのラジオ番組「THE BAY☆LINE」での共演が縁で、声優の山寺宏一さんがさまざまなタッチで「チャオ ベッラ チンクエッティ」というボイスを収録したSEとともに開幕。「BOOM!×3~ジェラしっちゃうぞ!焦らしっちゃうぞ!~」や約15分に及ぶ「10周年スペシャルメドレー」など、アンコールを含む全19曲を熱唱した。

最終更新:8月3日(水)16時35分

まんたんウェブ