ここから本文です

【手倉森ジャパン】FW久保裕也の五輪招集断念 代役は鈴木武蔵

東スポWeb 8月3日(水)9時0分配信

【ブラジル・マナウス2日(日本時間3日発)】1次リーグ初戦のナイジェリア戦に向けて当地で調整を続けているサッカー男子の手倉森ジャパンは代表メンバーに選出したFW久保裕也(22)がリオ五輪に参加しないと発表した。

 当初は久保の五輪参戦に協力姿勢を示していた所属のヤングボーイズ(スイス)は、FW陣に負傷者が出たことを理由に久保の派遣を拒否。今大会はクラブ側に選手供出の義務がなく、日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクター(ND=49)がスイスに渡ってクラブ側と交渉を重ねていた。

 しかし、メンバー変更のタイムリミットなどもあり、この日までに久保の招集を断念した。霜田NDは「デッドラインがあるなかでギリギリまで検討してきたが、苦渋の決断で招集を断念しました。残念な結果となったが(選手登録が18人なのに)17人で戦うリスクは避けないといけなかった」とコメントした。

 久保の代役にはバックアップメンバーからFW鈴木武蔵(22=新潟)を選手登録する。また鈴木に代わるバックアップメンバーを追加し、五輪アジア最終予選を戦ったFWオナイウ阿道(20=J2千葉)が手倉森ジャパンに合流するという。

最終更新:8月3日(水)10時2分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。