ここから本文です

平昌五輪マスコット「スホラン」、リオのイエス・キリスト像前で広報活動

WoW!Korea 8月3日(水)9時46分配信

2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックのマスコット「スホラン」が、2016リオデジャネイロオリンピックが開かれるブラジル・リオで活動に乗り出した。

 平昌組織委員会は3日(日本時間)「ブラジルと南米の象徴、リオ・コルゴバード頂上にあるイエス・キリスト像でスホランが広報活動をおこなった」と明らかにした。委員会は来る6日、リオ・コパカバーナに造成された平昌ハウスで開館式をおこない、2018平昌大会のマスコット広報活動を本格化する予定だ。

 一方、平昌組織委員イ・ヒボム委員長、ヨ・ギョング事務総長、キム・ジェヨル国際部委員長、ペク・ソンイル運営事務次長ら6人で構成された代表団は去る1日にリオに入り、公式日程を消化している。イ委員長らは2日、オリンピック本部ホテルで国際オリンピック委員会(IOC)との会議を開始し、次期五輪開催国の組織員としての活動に突入した。

最終更新:8月3日(水)9時46分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。