ここから本文です

阿部から天敵撃ち巨人4連勝「ホームランは打てないからね、この球場は」

デイリースポーツ 8月3日(水)5時59分配信

 「中日2-7巨人」(2日、ナゴヤドーム)

 4番のバットが止まらない。四回、無死一塁。巨人・阿部慎之助捕手が左中間へ先制の適時二塁打。「チェンジアップをマークしながら(直球を)狙った。うまく打てました」。天敵の中日・若松攻略に導く一打を放ち、4連勝に貢献した。

 逆方向に狙いを定めていた。イメージ通りの一打に「ホームランは打てないからね、この球場は」とニヤリ。幼少期から、父・東司さんに「困ったら逆方向だぞ」と指導を受けて磨かれたバットコントロールで、鋭い打球をはじき返した。

 若松とは今季2戦2敗。6月30日の対戦では3安打で1点しか奪えず、完投負けを喫していた。この日も三回まで無得点。だが、阿部の一打で負のイメージを消し去り、集中打で右腕をKOした。

 阿部は17試合連続安打と絶好調。この日はその前後を打つ3番・坂本、5番・村田も奮起した。坂本は4出塁で4得点、村田は3安打3打点。過去2戦は完璧に抑え込まれていた若松に雪辱し、村田は「何回もやられるわけにはいかないから」と胸を張った。

 阿部が4番に座ってから、チームは6勝1敗。快勝に、高橋監督も「軸がしっかりすると、周りもいい流れで打席に入れる」とうなずいた。8差で追う首位・広島の猛打に負けじと、勢いに乗っていく。

最終更新:8月3日(水)8時49分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]