ここから本文です

台湾鉄道のキティ特急、運転区間拡大へ 南部に初進出

中央社フォーカス台湾 8/3(水) 16:20配信

(台北 3日 中央社)台湾鉄路管理局は2日、東部幹線を中心に運行しているハローキティの特別塗装を施した特急列車タロコ号を今月8日に南港(台北市)-屏東間で運転すると発表した。

同列車が南部で営業運転するのは初めて。

屏東行きは南港を午前8時26分に出発し、途中松山、台北、桃園、新竹、台中、彰化、嘉義、台南、高雄に停車。屏東には午後1時13分に到着する。折り返しとなる南港行きは同4時18分に屏東を出発。同8時43分に南港へ到着する。

キティ特急は台湾観光PRのため今年3月21日に運行を開始。通常は金、土、日曜日に樹林(新北市)-知本(台東県)間で運転されている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:8/3(水) 16:20

中央社フォーカス台湾

なぜ今? 首相主導の働き方改革