ここから本文です

「新世界アンバー」シリーズを「ウォーキング・デッド」クリエイターがドラマ化

映画.com 8月3日(水)14時30分配信

 [映画.com ニュース]ファンタジー小説「新世界アンバー」シリーズを、「ウォーキング・デッド」のクリエイターがテレビドラマ化することになったとハリウッド・レポーター誌が報じている。

 「新世界アンバー」シリーズは、アメリカの作家ロジャー・ゼラズニイが執筆したファンタジー小説シリーズ。地球で記憶をなくした状態で目覚めたコーウィンを主人公にした5部作と、その息子マーリンを主人公にした新5部作からなる。

 米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作となった「氷と炎の歌」シリーズに大きな影響を及ぼしたことでも知られている。人気ドラマ「ウォーキング・デッド」の原作者であるロバート・カークマン、彼の制作会社スカイバウンド・エンタテインメントは、同シリーズのテレビドラマ化を目指しており、現在は脚本家を探しているという。

 ちなみに、スカイバウンド・エンタテインメントは「ウォーキング・デッド」「Fear the walking Dead」「アウトキャスト」など、テレビドラマを中心に手掛けている。

最終更新:8月3日(水)14時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。