ここから本文です

「おそ松EXPO」開幕!等身大6つ子立像や巨大ダヨーンがお出迎えザンス

コミックナタリー 8月3日(水)11時16分配信

赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松さん」の初となる展示イベント「おそ松EXPO」が、本日8月3日より東京・秋葉原UDX AKIBA_SQUAREにて開催されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「おそ松EXPO」のテーマは宇宙。会場内には6つ子にちなんで6つのセクションが用意されており、まずエントランスには6つ子の生家・松野家の玄関を木造でリアルに再現した「松ゲート」が設置されている。「松ゲート」の先は、アニメ第1クールのオープニング映像をイメージしたバルーントンネルが。ここでは6つ子をはじめ、トト子、イヤミ、チビ太、デカパン、ダヨーン、ハタ坊といった主要キャラクターたちのボイスが出迎えてくれる。

その先はキャラクターデザイン・総作画監督の浅野直之による実物原画を初展示する「松ワークス」のコーナーに。アニメ本編の原画や雑誌・イベントなどで使用された原画が多数並べられている。「松ムービー」のエリアでは、10分間の映像を上映。5月24日の6つ子の誕生日に解禁された、6つ子とイヤミの着ぐるみがキュートなダンスを踊る「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」のMVがロングVer.に再編集され、イベント限定で初公開されている。そのほか6つ子のキャラクターごとに本編から編集したダイジェスト映像も。

そしてイベント最大の目玉となるのは、「おそ松さん」の世界を立体物などで表現した「松アート」のエリア。実物大で再現された6つ子立像の上にはUFOが浮かび、天井からぶら下がるモビールは十四松のバットやチョロ松のサイリウム、松野家のちゃぶ台など、「おそ松さん」に関するさまざまなモチーフが採用されている。後ろには、その大きな口に吸い込まれてしまいそうな巨大ダヨーンの姿も。

そのほか第18話「逆襲のイヤミ」に登場した6つ子のカートレースを再現したジオラマを展示。また5秒間冷凍マグロにアタックしてストレス発散ができる「トト子の冷凍マグロアタック」も設置されている。センサー入りのバルーンを使ってストレス発散度を判定できるこのアトラクション、トト子とお揃いのマグロの被り物を被ってチャレンジしてみよう。またトリックビジョンのコーナーでは、6つ子とイヤミとともにUFOに吸い込まれるような写真を撮って楽しめる。シェーポーズをキメて、第1クールのオープニングを再現してみては。なお「松アート」のエリアはすべて撮影可能。

「おそ松EXPO」は8月9日まで秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUAREにて開催されたのち、8月13日より大阪・大阪南港ATC ITM棟2F 特設会場、9月6日より愛知・ポートメッセなごや 第3展示館、9月23日より福岡・福岡国際会議場 2F 多目的ホールにて開催される。

「おそ松EXPO」
東京会場
期間:2016年8月3日(水)~9日(火)会場:秋葉原UDX 2F AKIBA_SQUARE

大阪会場
期間:2016年8月13日(土)~21日(日)会場:大阪南港ATC ITM棟2F 特設会場

愛知会場
期間:2016年9月6日(火)~12日(月)会場:ポートメッセなごや 第3展示館

福岡会場
期間:2016年9月23日(金)~25日(日)会場:福岡国際会議場 2F 多目的ホール

時間:10:00~21:00 ※最終入場20:00、最終日のみ17時閉場入場料:2200円、小学生以下1200円

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最終更新:8月3日(水)11時16分

コミックナタリー