ここから本文です

トムヒvsルクエヴァ、大乱闘からダンス対決へ!? 『ハイ・ライズ』セレブのパーティ解禁

cinemacafe.net 8月3日(水)16時0分配信

『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で大ブレイクし、歌声も披露する『アイ・ソー・ザ・ライト』や、エミー賞11ノミネートのスパイアクション・ドラマ「ナイト・マネジャー」など、今年も話題をふりまく英国俳優トム・ヒドルストンの主演作『ハイ・ライズ』。まもなく公開を控える本作から、大乱闘やノリノリ&キレキレのダンスまで、不穏な雰囲気で盛り上がりを見せる本編のパーティシーンがシネマカフェにて解禁となった。

【画像】主演のトム・ヒドルストン

トム・ヒドルストンをはじめ、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『奇蹟がくれた数式』『栄光のランナー 1936ベルリン』と出演作が続くジェレミー・アイアンズ、『ドラキュラ ZERO』のルーク・エヴァンス、『アメリカン・スナイパー』のシエナ・ミラーら、世界的人気を誇る英国俳優たちを中心に、SF小説の巨匠J・G・バラードの原作を完全映画化した本作。

このたび解禁となったのは、ラグジュアリーな新築タワーマンション(=ハイ・ライズ)で繰り広げられる、セレブたちの“危険なパーティ”の一端が明らかになる本編映像だ。

パーティが盛り上がる部屋にやってきた、低層階に住むTVディレクターのワイルダー(ルーク)は、悪態をつきつつ知り合いの住人からドラッグをもらい、今日の“お相手”の物色を始める。早速、1人の女性に声をかけるが、彼女には上層階に住むパートナーがいた。ワイルダーは「強さを見せてみろ」と男にいきなり先制パンチ! その後も一方的に、次々とパンチをお見舞いしていく。

そこに止めに入ったのが、医師のラング(トム)。ワイルダーの肘が鼻に当たってしまい、ひるんでしまうが、そのあたりから何やら雰囲気が一変。ワイルダーはラングの腕をひっぱり、無理やり踊らせようとし、ラングもワイルダーに乗せられたのか、2人で激しいダンスを始めてしまう。パーティは最高潮に盛り上がりをみせる中、マンションの別の場所で起こっている出来事も繰り返し挿入され、不穏な事態がいままさに起ころうとしていることを示唆する、意味深な場面となっている。


トムは、学生時代に腕を磨いたという得意のダンスをここぞとばかりに披露しており、本作で文字どおり“ワイルド”な熱演が高く評価されているルークもまた、70年代に全盛期を迎えた英国人俳優オリヴァー・リードを想定したという破天荒な人物像をこのシーンに凝縮させている。

2人の人気英国俳優の個性がぶつかり合う、ユニークかつ刺激的で、危うすぎるパーティを、まずはこちらから確かめてみて。

『ハイ・ライズ』は8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

最終更新:8月3日(水)16時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。