ここから本文です

ついにテスラが太陽光発電メーカーへ、創エネから蓄エネまで一貫提供

スマートジャパン 8月3日(水)11時10分配信

 EVベンチャーである米国Tesla Motors(テスラモーターズ、以下テスラ)は、新たに太陽光発電ベンチャーの米国SolarCity(ソーラーシティ)を買収することで合意したと2016年8月1日に発表した。テスラでは、2016年6月にソーラーシティの買収提案を行っていた。

 2003年に創業したテスラは電気自動車(EV)の生産と販売を行うベンチャーだ。ここまでEVとして、スポーツカー「Roadster(ロードスター)」やプレミアムセダン「Model S(モデルS)」、中級セダンの「Model 3(モデル3)などを展開し、成功を収めてきた。

 EVには蓄電池が必須となり、テスラではパナソニックと独占的に提携することで電池の供給を受けている。EVの低価格化には電池の低価格化が欠かせずそのためには大量生産が必要になる。そのためテスラはパナソニックらと共同で米国ネバダ州に建設中のリチウムイオン電池工場「Gigafactory(ギガファクトリー)」を建設中である。ギガファクトリーは、2013年における世界全体のリチウムイオン電池セルの生産規模を上回る年間35GWh(ギガワット時)という膨大な生産規模の実現を予定しており、量産効果でリチウムイオン電池の価格低減を実現する狙いだ。

●定置型蓄電池市場に参入

 一方で、製造した蓄電池の使用先を考えた場合、全てをテスラのEVに使用するということは難しい。中級クラスの「モデル3」は予約受注が非常に好調であるとはいえ、EVだけでギガファクトリーで製造する電池全てを使うほどの規模があるわけではないからだ。そこで新たに2015年5月に参入を発表したのが、定置型蓄電池市場である。

 EVを「移動型蓄電池」と考えれば、定置型蓄電池とのシナジーを生み出すことができる。テスラはEVから、2015年5月から家庭向け蓄電池の「Powerwall」と業務用蓄電池「Powerpack」を展開。徐々に世界各国で取り組みを拡大してきている。

 テスラ CEOのイーロン・マスク(Elon Musk)氏は「テスラは自動車メーカーではなく、エネルギー革新企業である」と述べているが、実はこれらの取り組みは既に10年前に発表されたマスタープラン(基本計画)に記載されていたことであるという。

●実はこの10年間の動きはマスタープランで計画済み

 テスラでは2006年の8月に企業運営の方向性としてマスタープラン(基本計画)を発表。その中で「持続可能な社会」に向けたエネルギー革新企業を目指す方向性が示されている他、ハイエンドとなるEVスポーツカーから投入しその資金で徐々に低価格なEVへと展開を進めていく点などが既に紹介されている。テスラの10年間の取り組みはほぼ、この計画の通り進められてきたといえる。

 そして、2016年7月に10年ぶりに更新したマスタープランにおいて、新たに明言したのが、太陽光発電を載せた屋根と蓄電池を組み合わせた家庭向けのエネルギーサービスの提供である。その実現のためには太陽光発電関連企業であるソーラーシティの買収が必要になるという考えである。

 テスラでは、屋根型太陽光発電と蓄電池を円滑に組み合わせた製品を開発し分散型電源として機能させ、1つのスマートフォンアプリで注文やアフターサービスを実施するためには、2つの会社ではなく1つの会社に統合した方がメリットを発揮できるとマスタープランの中で、主張している

 ソーラーシティは、イーロン・マスク氏のいとこであるリンドン・ライブ(Lyndon Rive)氏とピーター・ライブ(Peter Rive)氏が2006年に設立した太陽光発電ベンチャーで、マスク氏も会長として経営に参加している。今回の買収は26億ドルでテスラがソーラーシティを買収することで合意。この合意によって、設置コストの削減やハードウェアコストの削減、製造の効率化、顧客獲得コストの削減などにより、テスラとソーラーシティのシナジー効果は1年間で1億5000万ドルに及ぶとしている。またテスラの190店舗の小売りネットワークにより国際的な展開なども可能になるという。

 ただし、今回の買収は2016年9月14日までは、他社の買収提案を受けられる条件も入っているとしている。

●総合エネルギー企業として進化するテスラ

 今回の買収が成立すれば、ソーラーで発電して家庭用の蓄電池およびEVに蓄電するという創エネから蓄エネの動きを1社で完結できる世界でも珍しい企業の1社となる。同社のEVは、ソフトウェアバージョンアップによる機能向上やスマートフォンとの連携などで従来の自動車産業を大きく変えたといわれるが、家庭においても「スマートホーム」の最有力企業になり得る可能性が生まれてきている。

最終更新:8月3日(水)11時10分

スマートジャパン