ここから本文です

独代表DFがロンドンでまさかの“入国拒否” 「アーセナルに移籍しないなら…」

ISM 8月3日(水)17時6分配信

 バレンシア(スペイン)のドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)が、ロンドンの空港職員から、アーセナルと契約しない限りイングランドへ入国させないと告げられていたようだ。英『デイリー・スター』紙(電子版)などが現地時間2日に伝えている。

 バレンシアは、現在イギリスでプレシーズンのトレーニングを行なっており、ボーンマス、クリスタルパレス(以上イングランド)との対戦を予定している。

 EURO2016に参戦していたムスタフィは、ザカリア・バカリ、ギリェルメ・シケイラ同様、バレンシアから直接チームに合流予定だった。スペイン『マルカ』紙の報道をもとに『デイリー・スター』が伝えたところによると、ムスタフィは英国への入国の際、ガトウィック空港の職員から「アーセナルとサインしてくれ。そうでなければ、ここは通れない」と、ジョークを飛ばされたという。

 アーセナルではDFペル・メルテザッカーがひざの負傷により長期離脱中で、フランス代表としてEURO2016決勝まで戦ったDFローラン・コシールニーは休養中。いずれも、14日のリヴァプールとのプレミアリーグ開幕戦に間に合わない予定となっている。CBはガブリエル、カラム・チャンバース、新加入のロブ・ホールディングだけとなっており、アルセーヌ・ヴェンゲル監督も補強の必要性を認めていた。ムスタフィはそのターゲットだと報じられている。

最終更新:8月3日(水)17時11分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]