ここから本文です

羽生蛇村の絶望の3日間が甦る――『SIREN』LINEスタンプが“異界入り”の本日配信開始

ファミ通.com 8月3日(水)12時47分配信

●13年の時を経てLINEスタンプに!
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、ホラーゲーム『SIREN』のLINEスタンプが、本日2016年8月3日より配信されたことを発表した。

 今回のスタンプは、ディレクターの外山圭一郎氏を始めとするproject SIREN teamの全面監修のもと、ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが制作した全40種。須田恭也や神代美耶子ら登場人物はもちろん、終了条件未遂画面に至るまで、LINEスタンプのレギュレーションをかい潜りつつ(!?)ゲーム本編が再現されている。羽生蛇村の絶望の3日間を、LINE上で体感しよう。

 なお購入は、LINEスタンプショップの検索窓で「サイレン」と検索することで可能。

最終更新:8月3日(水)12時47分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。