ここから本文です

今年第2四半期、住民1日平均の食糧配給は360グラム…2011年以降最低水準=北朝鮮

WoW!Korea 8月3日(水)10時17分配信

北朝鮮当局が今年第2四半期、住民に1日平均360グラムの食糧を配給していたことが分かった。

 3日、アメリカの声(VOA)によると、国連世界食糧計画(WFP)は1日「WFP北朝鮮国家報告書」を通して、「北朝鮮当局が4~6月、住民一人当たり平均360グラムの食糧を支給した」と明かした。また、配給食糧は2011年以降の第2四半期平均のうち、最も低い水準であると説明した。

 今年第2四半期、北朝鮮の配給量は去る1~3月の配給量370グラムに比べて10グラム程度減少し、昨年の第2四半期平均配給量410グラムよりは50グラム減った規模だ。これは北朝鮮当局が目標とする573グラムにも大きく及ばないだけでなく、国連推奨量の62%水準に過ぎないとWFPは伝えた。

 WFPは「去る2014年、北朝鮮住民を対象に栄養実態調査を実施した結果、5歳未満の子供3人のうち1人と1~2歳未満の子供の半分ほどが貧血を体験している。また、住民81%が質と量的な面で適切な栄養摂取をできないことが分かった」と明らかにした。

最終更新:8月3日(水)10時17分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。