ここから本文です

MEGA-GとDOGMAのユニット、STONEDZがアルバムを発表

CDジャーナル 8月3日(水)17時3分配信

MEGA-GとDOGMAのユニット、STONEDZがアルバムを発表

MEGA-GとDOGMAのユニット、STONEDZがアルバムを発表

 ヒップホップ・アーティストとリスナーの相互関係に新たな可能性を見出すべくスタートした「CREATIVE PLATFORM」(creative-platform.org/)のプロジェクト第10弾として名乗りを上げた、ラッパーMEGA-GとDOGMAによる紫煙音楽ユニットSTONEDZ(ストーンズ / ROLLING STONEDZから改名)が初のオフィシャル・フル・アルバム『STONEDZ PROJECT』を8月17日(水)にリリースすることを発表しました。

 アルバムには、4月にアルバム『UNTITLED』をリリースしたBESをはじめ、YENTOWNクルーからMONY、PETZ、JNKMN、練マザファッカーからDUTCH MONTANA、T2K、さらにはK-BOMB a.k.a. KILLER BONGとJUBEによるTHE LEFTYも参加と、芳しいスモーキーな顔ぶれが参加。対象店舗では収録曲「STREET RHYMINGMEN」のI-DeAによるリミックス(CD-R)が先着特典に決定しており、9月には都内某所でリリース・パーティも開催予定です。

最終更新:8月3日(水)17時3分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。