ここから本文です

三菱重工、7期ぶりに最終赤字…MRJ開発負担増や三菱自の業績悪化影響 4-6月期決算

レスポンス 8月3日(水)10時30分配信

三菱重工業が発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、四半期損益が121億1400万円の赤字に転落した。

[写真:MRJ(三菱リージョナルジェット)]

前年同期は355億4000万円の黒字で、第1四半期の最終赤字は7期ぶり。円高で推移した為替や燃費不正による三菱自動車の業績悪化が影響した。

売上高は前年同期比9.0%減の8472億8100万円と減収となった。防衛・宇宙事業は増収となったものの、交通・輸送事業、エネルギー・環境事業、機械・設備システム事業が減収となったため。

営業利益は、民間航空機が円高で減益となったほか、MRJ開発費の増加などの影響で同57.7%減の249億0300万円と大幅減益となった。経常損益は166億0800万円の赤字となった。為替差損で141億円、三菱自動車などの持分法損失で207億円の減益効果を見込むため。

通期業績見通しは、売上高は為替レートを変更したことなどから前回予想から1000億円マイナスの4兆3000億円に下方修正した。収益も営業利益が200億円減の3300億円、経常利益が500億円マイナスの2800億円、四半期純利益が300億円マイナスの1000億円となる見込み。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月3日(水)10時30分

レスポンス