ここから本文です

『ペット』世界で大ヒット!早くも続編の公開日が決定

cinemacafe.net 8月3日(水)18時30分配信

お留守番中にペットたちはどんなことをしているのか…。そんなペットの日常の“ヒミツ”を描いたアニメ『ペット』の世界興収が400億円を超え、大ヒットを飛ばしていることから早くも続編の公開日が決定したという。

【写真】「ペット」ロゴ

配給元のユニバーサル・ピクチャーズの発表によれば、続編の公開日は2018年7月13日(現地時間)。『ペット』を制作したアニメ制作会社「イルミネーション・エンターテインメント」にとって、同社が手掛けた『ミニオンズ』に続くシリーズ化アニメとなった。

日本での公開が待ち遠しい『ペット』は、6月下旬からイギリス、ノルウェー、香港などでの公開が始まり、本国アメリカでは7月8日から。「HITFIX」によれば公開からわずか3日で約105億円の興行収入を叩き出し、オリジナルアニメーション作品(シリーズものでもなく、原作の本に基づく作品でもない)として全米オープニング歴代興収ナンバー1を記録した。

日本語吹き替え版は、「バナナマン」設楽統と日村勇紀、佐藤栞里らが声優を担当。本編と一緒に『ミニオンズ』の短編アニメーション『ミニオンズ:アルバイト大作戦』も上映されるという。お小遣い稼ぎに奮闘するミニオンズ、その目的とは何なのか…。 日本公開は来週8月11日(木・祝)。

最終更新:8月3日(水)18時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。