ここから本文です

目標は金14個!メダル30個以上 !五輪日本選手団が堂々の目標設定

デイリースポーツ 8月3日(水)5時59分配信

 リオデジャネイロ五輪に臨む日本選手団の山下泰裕副団長(59)と、高田裕司総監督(62)が1日、メインプレスセンターで会見した。あらためて金メダル14個、メダル総数30個以上を目標に設定。高田総監督が「開会式翌日(6日)が非常に大事。競泳(男子400メートル個人メドレー)の萩野、柔道の軽量級(女子48キロ級の近藤、男子60キロ級の高藤)の2人に金を取ってはずみをつけてほしい」と、スタートダッシュに期待をかけた。

 総監督から「日本のメダルが多い時は柔道が多い時」と水を向けられた柔道出身の山下副団長は「(柔道で金メダル一つだった前回)ロンドンは期待を裏切って申し訳なかった。リベンジを胸に4年間やってきた」と力を込めた。

 また、選手村の不備が数多く指摘されている問題について、柳谷総務担当は「お湯が出ない、ドアの鍵が開かないというのは見られたが、新しい施設ではよく見られること。組織委員会にすみやかに対応してもらっている」と話した。

最終更新:8月3日(水)8時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]