ここから本文です

トヨタ、ダイハツ製MPV カリヤ 発表…インドネシア

レスポンス 8月3日(水)12時15分配信

トヨタ自動車のインドネシア子会社、トヨタ・アストラ・モーターは8月2日、新型車の『カリヤ』(CALYA)を初公開した。

画像:トヨタ カリヤ

カリヤは同日、ダイハツがインドネシアで発表した『シグラ』(SIGRA)の兄弟車。シグラの開発には、ダイハツが日本で培った軽自動車の技術やノウハウを導入。多人数乗車や多くの荷物を積める点など、現地で求められるニーズを満たした本格7名乗りAセグメントMPVとして、シグラは登場した。

ダイハツは、シグラをインドネシアで現地生産。トヨタにもOEM供給し、トヨタはカリヤの名前で、インドネシア市場へ投入する。

カリヤとシグラでは、フロントのデザインが異なる。フロントグリルは、カリヤが台形。これに対して、シグラは六角形のデザインが採用された。フォグランプも両車で異なる。

カリヤもシグラ同様、インドネシアのエコカー政策「LCGC政策」に適合。エンジンは1.2リットルと1.0リットルの2種類。低燃費と低価格を武器に、インドネシアの顧客にアピールしていく。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月3日(水)12時15分

レスポンス