ここから本文です

<銀魂>実写映画キャストに主役級続々 長澤まさみ、橋本環奈、菅田将暉、岡田将生ら

まんたんウェブ 8月4日(木)6時0分配信

 小栗旬さん主演で人気マンガを実写化する映画「銀魂(ぎんたま)」(福田雄一監督、2017年公開予定)のキャストが4日、発表され、長澤まさみさん、菅田将暉さん、橋本環奈さん、岡田将生さんら“主役級キャスト”が出演することが分かった。

【写真特集】銀魂で菅田将暉や橋本環奈が演じるのは…

 「銀魂」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2004年から連載している空知英秋さんのマンガで、コミックス累計発行5000万部超の人気作。天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、なんでも屋を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描くSF時代劇コメディーで、06年4月にテレビアニメ第1期がスタートし、11年4月~12年3月に第2期、15年4月~16年3月に第3期が放送され、10年と13年には劇場版アニメも公開されている。

 キャストは、小栗さん演じる主人公の銀時が営む万事屋(よろずや)で働く志村新八役を菅田さん、神楽役を橋本さんが演じる。ツッコミ役でヘタレな面もあるが、侍としての強い信念を持ち合わせる新八役に菅田さんは「少なからずこれまでの人生では突っ込みタイプではありますので精いっぱい演じさせていただきます!」と意気込みを語る。また、神楽の髪色を忠実に再現し、オレンジ色に髪を染めて撮影に挑んでいる橋本さんは「神楽ならではの『鼻ホジ』や『ゲ○吐き』シーンも……(笑い)」と、これまでのイメージを覆す役どころに挑戦する。

 銀時の幼なじみで盟友の桂小太郎役を岡田さんが演じ、「逃げの小太郎と呼ばれてますが、岡田は逃げません!」と自身の役柄にかけてコメント。新八の姉・志村妙役を長澤さんが演じ、「今まで、変顔に近いお芝居をしたことがなかったので、今までとっておいて良かったなと思いました」と、同作で変顔を披露していることを明かした。また、銀時が頼りにするからくり堂の店主・平賀源外役を福田作品常連のムロツヨシさんが演じる。 

 さらに、江戸の治安を守る特殊警察で真選組のメンバーには、登場人物の人気投票で常に上位に位置する土方十四郎役を柳楽優弥さんが演じており、「土方十四郎という役にプレッシャーを感じております」と緊張のコメント。そのほかにも近藤勲役を中村勘九郎さん、沖田総悟役を吉沢亮さんが演じる。

1/4ページ

最終更新:8月4日(木)6時0分

まんたんウェブ