ここから本文です

スマート新型、カブリオなどターボ搭載3モデルを発売

レスポンス 8月3日(水)14時15分配信

メルセデス・ベンツ日本は、ターボエンジンを搭載する新型スマート 3モデル『フォーツー カブリオ ターボ リミテッド』『フォーツー ターボ マット リミテッド』『フォーフォー ターボ』を順次発売する。

[関連写真]

今回発売の3モデルは、新型0.9リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載。最大出力は90ps、最大トルクは135Nm、NAエンジンに比べ最大出力を19ps、最大トルクを44Nm向上させ、スポーティさを高めている。また、低排出ガス車認定(平成17年基準)の4つ星(75%低減レベル)を獲得し、燃費も23.1km/リットルの低燃費を実現するなど、高い環境性能も併せ持つ。

フォーツー カブリオ ターボ リミテッドは、シルバーのトリディオンセーフティセルとフロントグリルに4色のボディカラー(ラリーレッド、イエロー、クリスタルホワイト、ディープブラック)を組み合わせた各色50台の限定車として8月3日より発売。ラリーレッドとイエローにはブラック、クリスタルホワイトとディープブラックにはレッドのソフトトップが装着される。電動式ソフトトップは走行速度に関係なく開閉でき、さまざまなシーンで簡単にオープンドライブを楽しめる。またインテリアには、ターボモデルの特徴となるコックピットクロック&レブカウンターなどを備える。

価格は248万円。

フォーツー ターボ マット リミテッドは、ムーンホワイトマットとチタニアグレーマットの2色のマットカラーに、ブラックのトリディオンセーフティセルとフロントグリルをコーディネートし、各色40台を10月頃より発売。16インチブラックアルミとクロームエグゾーストエンドを装備する。また、パドルシフト、スポーツペダル、コックピットクロック&レブカウンターや本革シートとパノラミックルーフを備え、スポーティな中にも高級感あるインテリアに仕上げた。

価格は241万円。

フォーフォー ターボは追加ラインアップとして9月頃の発売を予定。16インチブラックアルミやクロームエグゾーストエンド、パドルシフトやスポーツペダル、コックピットクロック&レブカウンターなどを備え、スポーティで快適なドライビングを実現する。外装色は全8パターンから選択できる。

価格は256万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月3日(水)14時15分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。