ここから本文です

『E.T.』超えの夢想力!?幻想的な『BFG』場面写真を解禁!

Movie Walker 8月3日(水)12時0分配信

少年と異星人の絆を描いた『E.T.』(82)など、エンタメ史に刻まれる名作を生み出してきたスティーヴン・スピルバーグ。彼が34年ぶりにファンタジーを手がけた映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(9月17日公開)では、これまでの作品を上回る幻想的な世界を創出!いまだ謎に包まれている今作から、この度、夢がつまった美しい場面写真が解禁となった。

【写真を見る】幻想的なドリーム・ツリーの美しさにうっとり…!

ロンドンの児童養護施設に暮らす10歳の少女ソフィーは、ある晩、見たことのない巨人・BFGを目撃し、そのまま“巨人の国”へ連れ去られてしまう。はじめはBFGに怯えるソフィーだったが、やがて彼が心優しい巨人だと知り、2人は友情を育んでいく…というストーリーだ。

新たに解禁されたのは2枚の写真。まず大きなドリーム・ツリーが印象的な写真は、子どもたちに夢を届けることをライフワークにしているBFGが、夢を採取するため“夢の国”に訪れる場面。暗闇の中で光り輝くドリーム・ツリーの幻想的な世界観には、誰もが引き込まれてしまうはず。

2枚目の画像からは、ドリーム・ジャー(瓶)の中に保管されたカラフルな“夢”が所狭しと並んでいる様子が確認できる。BFGは、自ら採取したいい夢や悪い夢を調合しながら、子どもたちに届ける素敵な夢を創り出していくのだが、その過程もドキドキワクワクの連続!

世界中の映画ファンを虜にしてきたディズニー×スピルバーグのタッグで贈る本作。好奇心とイマジネーションあふれる世界観を、今回解禁された写真からチェックしてみてほしい。【トライワークス】

最終更新:8月3日(水)12時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。