ここから本文です

【支局便り】ドアノブが直るまで4日!

東スポWeb 8月3日(水)16時41分配信

【支局便り】本紙取材班が宿泊するアパートメントにトラブル発生だ。なんとバスルームのドアノブが壊れ、まったく開かないのだ。コンシェルジュに頼むと「今日は疲れているんだ。明日にしてくれないか」と信じられないセリフが飛び出した。

 翌日に再びクレームを入れるとブラジル人ギャルが来て、ドアノブを押したり引いたり七転八倒。「ペンあるか?」と言うので渡すと、それを使って“ピッキング”し始める始末…。

 すると、カギ全体がゴッソリ取れてしまい、その修理を別のスタッフに頼むというわけのわからない状態になった。それから代わる代わるいろんなスタッフがやってきて、ようやく開けることができたのは4日後。他紙も水漏れなどのトラブルが発生するなど、各メディアからは悲鳴が上がっている。

最終更新:8月3日(水)16時41分

東スポWeb