ここから本文です

レギュラーガソリンの値下がり続く…前週比0.1円安の122.1円

レスポンス 8月3日(水)16時43分配信

資源エネルギー庁が8月3日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、8月1日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は前週の調査から0.1円値下がりし、1リットル当たり122.1円となった。

[関連写真]

レギュラーガソリンの値下がりは5週連続。

地域別では、関東で0.4円、北海道で0.2円、東北と中国、九州・沖縄で0.1円値下がり。近畿は0.2円、四国では0.1円値上がり。中部は前週と同額だった。

ハイオクガソリンは0.1円安の132.9円、軽油は前週と同額の102.4円だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、8月3日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は113.0円/リットル(前週比-0.2円)、ハイオクは124.4円/リットル(同+1.0円)、軽油は89.3円/リットル(同+0.4円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。


《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月3日(水)16時43分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]