ここから本文です

V6三宅、手話であいさつ NHKリオパラ番組メインパーソナリティ就任

デイリースポーツ 8月3日(水)12時10分配信

 V6の三宅健(37)がNHK Eテレ「みんなで応援!リオパラリンピック」(9月9~20日放送、後8・00)のメインパーソナリティーを務めることになり3日、都内で行われた会見に出席した。

 番組は試合のハイライトを中継録画で放送。視覚や聴覚に障害のある人にも楽しんでもらう「ユニバーサル放送」に挑み、三宅は手話でもルールや見どころを伝えていく。

 三宅は「パラリンピックの番組で手話を使うキャスターは初めて。ワクワク、ドキドキしています。まだまだ力不足ではありますが、手話をいかせる機会をいただき驚きました。今から気持ちが高ぶっています。一緒に感動できる番組にしていきたい」と手話であいさつ。上達ぶりに周囲も驚いていた。

 手話を始めたきっかけは約10年前。握手会でファンに手話であいさつされたが応えることができなかった。ずっと気がかりだったことから、思い立って手話を学び始めた。2014年からは「NHKみんなの手話」に出演しながら勉強を重ねてきた。

 大役に挑むことには、「障害者の方から(中継に)手話がついてないと声があった。パラリンピックのことを知ってもらえる機会になると思い担当したいと思った」とオファーを喜んだ。競技に対しては、「数多くの金メダルを楽しみにしています」と期待を寄せていた。

最終更新:8月3日(水)13時17分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。