ここから本文です

巨大電池工場「ギガファクトリー」…テスラが開業

レスポンス 8月3日(水)17時15分配信

米国のEVメーカー、テスラモーターズは7月29日、米国ネバダ州のバッテリー新工場、「ギガファクトリー」において、グランドオープニング式典を開催した。

[関連写真]

テスラモーターズは2014年6月、ネバダ州スパークス郊外でギガファクトリーの建設工事を開始。2020年までに、ギガファクトリーはフル生産に達する見通し。1年間で生産されるリチウムイオン電池の数は、2013年に全世界で生産されたバッテリーの合計数を上回る。

ギガファクトリーの名称は、計画されているバッテリーの年間生能力の上限である35ギガワット アワー(GWh)に由来。「ギガ」は10億を表す単位。1GWhとは、1時間に10億ワット、つまり1kWhの100万倍の電気を発電(あるいは消費)することと同等。

テスラモーターズは、パナソニックや他の戦略的提携先と協力。革新的な製造方法、廃棄物の削減、そして単純にほとんどの工程を1つの工場内で行うことによる最適化で実現するスケールメリットにより、ギガファクトリーでは、バッテリーのコストの著しい削減を可能にした。

テスラでは、バッテリーパックのkWhあたりのコストを30%以上削減できると予測。ギガファクトリーではネットゼロ エネルギー化を目指し、再生可能エネルギーを使用する。

テスラモーターズは7月29日、ギガファクトリーにおいて、グランドオープニング式典を開催。同社は、「世界最大のバッテリー工場を構築し、持続可能なエネルギーの未来を加速していく」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月3日(水)17時15分

レスポンス