ここから本文です

【柔道】期待の大野と永瀬の担当コーチは金メダル楽観ムードに懸念

東スポWeb 8月3日(水)16時41分配信

 リオ五輪柔道男子73キロ級代表の大野将平(24)と同81キロ級代表の永瀬貴規(22=ともに旭化成)が2日、成田空港から日本を出発した。2人は全日本男子の井上康生監督(38)からエースに指名されている不動の金メダル候補。緊張感を漂わせる大野は「同部屋の海老沼(匡)先輩がいい匂いを部屋に出してくれている」と独特のリラックス方法を告白。永瀬は「誤審だったり、不本意な罰則がくるのは当たり前。そういうことにも準備してきた」と話すなど、準備万端をアピールした。

 ただ、担当の金丸雄介コーチ(36)は周囲の楽観ムードに懸念を示す。メディアの金メダル獲得予想では必ず名前が入るほどだが「そんな簡単じゃないですよ。よく考えてください。『73と81は最難関』とずっと言われてきたんですよ。よく簡単に言うなと」と語気を強めた。

 金丸氏は「自分の力を出せば優勝できる」とも言い、2人への信頼は揺るぎない。しかし、五輪は初の大舞台。「4年に1回という難しさは野村(忠宏)さんも言ってましたし、プレッシャーも世界選手権とは違ったものがある。気をつけて調整しないといけない」(金丸氏)というわけだ。

 柔道男子はロンドン五輪で史上初の金メダルゼロに終わった。2人が金メダルに最も近い位置にいるからこそ、周囲も細心の注意を払っている。

最終更新:8月3日(水)16時41分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]