ここから本文です

北米スマホ販売シェア サムスンとLGで約半分

聯合ニュース 8月3日(水)14時15分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子とLG電子が4~6月期に北米スマートフォン(スマホ)市場で過去最高となる計5割近くのシェアを記録したことが、3日までに分かった。

 米調査会社のストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスンは4~6月期の北米市場におけるスマートフォン販売台数のシェアが32.7%を記録し、首位に返り咲いた。米アップルは24.5%で2位に転落、3位はLGで16.3%だった。

 アップルのシェアが25%を下回ったのは2011年7~9月期(20.9%)以来。

 サムスンがアップルのシェアを上回り北米市場で1位になったのは14年4~6月期以来2年ぶりとなった。

 サムスンとLGの4~6月期のシェアを合わせると49.0%となり、過去最高水準を記録した。

 業界関係者は「7~9月期にはサムスンの新型スマホ『ギャラクシーノート7』、LGのスマホ新製品『V20』、そして来月発売予定のアップルの『iPhone(アイフォーン)7』が激突することになる」としながら、韓国メーカーの好調が続くか注目していると話した。

最終更新:8月3日(水)14時25分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。