ここから本文です

東京メトロ、ホームの行先表示器を液晶タイプに…まずは日比谷線霞ヶ関駅

レスポンス 8月3日(水)17時45分配信

東京地下鉄(東京メトロ)は8月3日、駅のホームに設置している行先案内表示器を新型に交換すると発表した。まず日比谷線の霞ヶ関駅に導入し、2019年度までに全ての駅に設置する。

[関連写真]

発表によると、新型の表示器は液晶ディスプレイを採用。現在のLEDタイプより視認性を向上させる。表示内容も列車の行先や発車時刻だけでなく、列車の現在位置や停車駅、運行情報など、多くの情報を表示できるようにする。多言語表示は現在の日本語と英語に加え、中国語(簡体字)と韓国語も表示する。

新型表示器は8月5日、日比谷線の霞ケ関駅に導入する予定。その後は本年度中に日比谷線・千代田線・半蔵門線の各駅で順次導入を進める。これ以外の路線は2019年度までに設置を完了させる予定だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8月3日(水)17時45分

レスポンス