ここから本文です

『Ingress(イングレス)』日本語音声に対応! 緒方恵美さんがADAの音声を担当

ファミ通.com 8月3日(水)19時31分配信

●英語版以外の音声対応は世界初
 Niantic, Inc.は、配信中のスマートフォン用ゲーム『Ingress(イングレス)』が、本日2016年8月3日より日本語音声に対応したことを発表。ナレーションの役割を担うADA(エイダ)の日本語音声は、緒方恵美さんが担当する。

 緒方恵美さんによる日本語音声は、アプリを更新することで実装。これについて同社アジア統括本部長である川島優志氏は、以下のように語っている。

◆川島優志氏コメント
Ingressの歴史上、世界で初めて英語版以外の音声として、日本語音声に対応しました。エヴァンゲリオンの碇シンジやセーラームーンのセーラーウラヌス、幽遊白書の蔵馬など、素晴らしい作品で重要な役を演じられてきた、日本を代表する声優である緒方恵美さんにご協力いただけたことはとても光栄です。Ingressのプレイヤーである緒方恵美さんが、世界観に沿って演じて頂いたADAを聞いて、感動しました。ぜひ、プレイヤーの皆さんにはIngressを立ち上げ、日本語を話すADAと一緒に、日本の素晴らしいポータルを訪れる旅を楽しんでほしいと思います。

最終更新:8月3日(水)19時31分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。