ここから本文です

樋口真嗣「シン・ゴジラ」VRコンテンツを体験、迫りくる巨大ゴジラに大興奮

映画ナタリー 8月3日(水)15時12分配信

本日8月3日、「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」の特別先行体験会が東京都内にて行われ、トークショーに「シン・ゴジラ」監督の樋口真嗣、プロデューサーの佐藤善宏が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

樋口は「御用学者3人組や間邦夫准教授といったキーパーソンは映画監督に演じてもらいましたね。岡本喜八監督も写真で登場します。3人組のシーンは最後にしゃべる原一男さんがセリフに何度も詰まって、38テイクくらい撮ったんです(笑)」と撮影エピソードを披露。また「丸1日かけて撮影した会議のシーンがあるんですが、あのおとっつぁん(総監督の庵野秀明)が、次の日になって『引きの画がほしい』と言い出して。前日に撮り終わった場面だから、役者はみんなセリフを忘れているんですよ。それでベテラン俳優たちが『忘れちゃったよー!』と控え室にダッシュで走っていくという(笑)。現場は阿鼻叫喚という感じになっていましたね」と話して観客の笑いを誘った。

ゴジラのモーションキャプチャのアクターに野村萬斎を起用した理由について、樋口は「人間じゃないものを体の動きだけで表現するのがとても上手な方なので、お願いしたいと思いました」とコメントした。「萬斎さんには『お面がほしい』と言われて。面がついていると、面の先に意識が向いて、そこ(面の先)が顔になるんだそうです。台本はあるけど新作の狂言だと思ってゴジラをやってみましょうという話をしましたね。あと萬斎さんは『小学生のときのあだ名がレッドキングでした』と言っていて」と明かす場面も。

「本作のこだわりは?」とMCから質問が飛ぶと、樋口は「どれだけ本物に近づけられるか。本物だったらどう見えるのかということを徹底的に調べたり、専門家に聞いたりして積み上げていきました」と返答。さらに佐藤が「首相官邸へ見学に行きましたね」と話すと、樋口は「官邸内部で内装の寸法を測ることはできないから、肩にかけたカバンの大きさを目安に、このくらいのサイズかな?と目測しましたね。映画を観て殺風景な部屋だなと思われた方もいるかもしれないけど、実際にこんな感じなんですよ」と続けた。

終盤には、樋口が「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」を初体験することに。このコンテンツは映画用に作られたゴジラの3DCGデータをもとにしたもので、巨大なゴジラが目の前に迫りくる感覚を味わうことができる。樋口は「東宝スコープが出てきましたね。おっ! おお、ああ……」と興奮した様子で声を上げ、大きく身を反らせながら実況する。体験を終えたあとは「見えているものをそのまましゃべるとネタバレになっちゃう。いやあすごかったです!」とにこやかに語り、「この企画のお話をいただいたときより、ヘッドセットがよくなってますね。欲しい!」と興味津々興味深々の様子で機材を眺めていた。

「シン・ゴジラ」は全国の劇場で上映中。

最終更新:8月3日(水)15時12分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。