ここから本文です

氷川きよし 始球式で大暴投「リハーサルではうまくいったんですけど」

東スポWeb 8月3日(水)19時10分配信

 演歌歌手・氷川きよし(38)が3日、神宮球場で行われたヤクルト―広島戦で始球式に登場した。

 氷川はシングル「みれん心」のカップリングでヤクルトの応援歌「東京音頭」を歌っており、「TOKYO燕日」のゲストとしてマウンドに立った。

 背番号1でKIYOSHIと入った黄緑色のTOKYO燕パワーユニホームを着た氷川が投げたボールは、左打者の広島・田中の後ろを通過しながらも、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。

「始球式をやらせていただくのは3回目ですが、やっぱり緊張しました。リハーサルではうまくいったんですけどね…。でも(捕手に)届きましたし、楽しかったです」と笑顔だった。

最終更新:8月3日(水)19時10分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。