ここから本文です

女優カン・ヘジョン&ピアニストのユンハン、第12回堤川国際音楽映画祭開幕式の司会に

WoW!Korea 8月3日(水)15時34分配信

韓国女優カン・ヘジョンとピアニストのユンハンが来る8月11日に開催される第12回堤川国際音楽映画祭開幕式の司会者に選定された。

カン・ヘジョンのプロフィールと写真

 堤川国際音楽映画祭主催側は3日、カン・ヘジョンとユンハンが映画祭の進行者として息を合わせると説明した。主催側によるとカン・ヘジョンは「オールド・ボーイ」、「恋愛の目的」、「犬どろぼう完全計画」など女優として多彩なフィルモグラフィを認められ、司会者に抜てきされた。

 ピアニストのユンハンは2010年1stアルバム「Untouched」でデビューと同時にhanteoチャート、HOTTRACKSのリアルタイムアルバム売上1位を記録しており、メディアや評論家から注目を集めた。最近「覆面歌王」に出演し、歌手としての潜在能力を認められ、マルチエンタテイナーとしての一面を見せている。

 8月11日に開幕し16日までの6日間開催される第12回堤川国際音楽映画祭は、36か国105作品の音楽映画と「Guckkasten」や「10cm」、「EPIK HIGH」、「MONNI」、「CHEEZE」など30組の音楽公演で開催される。

最終更新:8月3日(水)15時34分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。