ここから本文です

「ポケGO」の足跡機能削除について運営チームがコメント 「機能の改善に努めていく」

ねとらぼ 8月3日(水)11時50分配信

 「ポケモンGO」の運営チームが、公式Facebookで7月31日に実施されたアップデートについてコメントを発表しました。このなかで「足跡機能」の削除についても触れており、多くの同作プレイヤーから注目を浴びています。

【足跡が表示されていたころ】

 「足跡機能」とは、アップデート前に「近くにいるポケモン」の下に表示されていた3つの足跡のこと。足跡の数でポケモンとの距離がある程度推測できるというもので、先行配信されていた国ではしばらく使えていましたが、日本でサービスが開始する少し前に機能が停止。常に足跡が3つ表示され続ける状態になってしまい、今回のアップデートで正式に削除となりました。

 今回「ポケモンGO」運営が発表したコメントによると、「3つの足跡を削除したのは、根本的な設計を改善するためです。この機能は多くのユーザーから好評だったが、混乱を招く上に、私たちが目指す『ポケモンGO』とはそぐわないものでした。皆さんの意見を聞きながら、この機能の改善に努めていきます」とのこと。どうやら現状のままではなく、何かしらの改善を計画しているようです。

 日本では「足跡機能」が使えたことがないため、具体的にどのような問題があったのかは分かりません。しかし仕様から察するに、足跡を追って立ち入りを禁じられている場所に入ってしまう人や、足跡をじーっと注視して歩きスマホをする人が続出したのではないかと思われます。

 同作をプレイしている方であれば多くの人が実感していると思いますが、現状「近くにいるポケモン」に表示されているポケモンを見つけることは非常に困難です。確実とはいかなくても、ある程度「近くにいるポケモン」を見つけられるような更新が行われるよう期待したいところです。

最終更新:8月4日(木)11時38分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]