ここから本文です

ビール競合2社、ひとつの貨物列車でいっしょに運ぶ…関西→北陸で2017年から

レスポンス 8月3日(水)21時32分配信

競合が手を組んでモノを運ぶ時代へ---。キリンビールとアサヒビールは、2017年1月から関西~北陸間で鉄道コンテナ路線を共同利用する。両者は、石川県金沢市に共同配送センターを開設し、商品を、JR貨物のコンテナ列車に載せて北陸方面へと運ぶ。

[関連写真]

新設する共同配送センターの運営は、日本通運。両社は、アサヒビール吹田工場とキリンビール神戸工場でつくられた商品を、関西~北陸間の往復輸送量の差によって生まれる“空コンテナ”を活用し、鉄道で輸送する。

「いまのところ、大阪側から北陸へ向かう貨物列車のうち、3本のコンテナ列車の“空き”を使う想定。これから具体的な列車や輸送方法を検討していく」とJR貨物。

両社は、JR貨物や日通と組み、鉄道輸送に共同で取り組む背景について「2社はこれまで愛知県・滋賀県にある工場から届け先まで、200~300kmのトラック配送を行ってきたが、ドライバー不足などにより、現行のトラック配送に替わる新たな物流体制の構築が共通課題だった」という。

「2017年秋からは富山県へとエリア拡大。今回の協業を通じ、年間1万台相当の長距離トラック輸送を、鉄道コンテナにモーダルシフト。年間約2700トンのCO2削減を実現する見込み」(4社)

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月3日(水)21時32分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]