ここから本文です

中国・成都であすから韓国食品見本市 商談会や試食イベント

聯合ニュース 8月3日(水)16時21分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は3日、中国内陸部の四川省成都で4日から7日にかけ、韓国食品見本市「K-FOODフェア」を開催すると発表した。

 韓国輸出企業の広報・商談ブースを設置し、4~5日に約50社の現地バイヤーを対象に輸出商談会を行う。特にコメや参鶏湯(サムゲタン、鶏スープの料理)、ベビーフード、健康食品のPRに力を入れる。

 後半の6~7日には流動人口が30万人に達するショッピングモールにテーマ別のブースを設置し、一般向けに韓国食品の試食イベントなどを行う。

 同部によると、成都は中国の他地域に比べ食品の消費が旺盛で、輸入食品の市場規模が毎年30%ずつ成長しているという。

 農林畜産食品部は6月初めにも、中国の陝西省西安でK-FOODフェアを開催した。今月末から11月にかけ、マレーシア・クアラルンプール(8月25~28日)、ベトナム・ホーチミン(9月8~11日)、中国・湖北省武漢(9月22~25日)など計6カ国でフェアを開く予定だ。

最終更新:8月3日(水)17時14分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。