ここから本文です

早くも涙腺崩壊の予感…… 山崎賢人&川口春奈主演、映画「一週間フレンズ」の予告が切ない

ねとらぼ 8月3日(水)12時0分配信

 2017年2月18日ロードショーの映画「一週間フレンズ」の予告映像が公開されました。同作の印象的なせりふ「俺と友達になってください」から始まる映像が涙腺をビシビシ刺激してきやがる……。

【この作品、設定が切なすぎる……】

 同作は、葉月抹茶さん原作の漫画作品。1週間で友達に関する記憶が消えてしまう少女・藤宮香織(ふじみやかおり)と、彼女に思いを寄せる同級生・長谷祐樹(はせゆうき)の切ない恋模様を描いた作品で、2014年にはアニメ化され反響を呼びました。

 公開された予告映像は、山崎賢人さん演じる祐樹が、川口春奈さん演じる香織と友達になろうと声を掛けるシーンから始まり、お互いの距離が縮まったように笑い合うシーンや、香織の記憶障害によって2人の関係が再び振り出しに戻ってしまう場面など、胸がきゅっと苦しくなるような内容。この作品、設定が切なすぎるんだよ……。

 原作はもちろん、アニメ化、舞台化を通して多くの人を感動の渦に飲み込んできた同作。Twitterの公式アカウントのフォロワーは4万5000人を超えるなど、旬な俳優陣による実写映画化にも期待が高まっています。

最終更新:8月3日(水)12時0分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。