ここから本文です

沢口靖子 教師役に「今作は笑顔でいられました」

デイリースポーツ 8月3日(水)16時45分配信

 女優の沢口靖子(51)が3日、都内で行われた主演映画「校庭に東風(こち)吹いて」(9月17日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつした。

 9年ぶりの映画出演作は、深刻な悩みを抱える子供たちに寄り添う教師役。近年はテレビ朝日系主演ドラマ「科捜研の女」が好調で「いつもは事件や犯人を追いかけ、厳しい表情をしていることが多いのですが、今作ではかわいい子供たちに囲まれ、笑顔でいられました」と笑わせた。

最終更新:8月3日(水)16時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。