ここから本文です

HER NAME IN BLOOD、トム・ロード・アルグら参加「BAKEMONO」詳細明らかに

音楽ナタリー 8月3日(水)17時0分配信

HER NAME IN BLOODが9月14日にリリースするニューアルバム「BAKEMONO」の詳細が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

バンドにとって本作は、2015年9月のメジャーデビュー後初のフルアルバム。タイトルトラック「BAKEMONO」を含む全14曲が収録され、Kornやマリリン・マンソンなど数々のアーティストを手がけてきたトム・ロード・アルグをはじめ、アレックス・プリート、ケヴィン・チャーコの息子のケイン・チャーコといった海外のミックスエンジニアが参加している。

ジャケットは日本画を得意とするアーティスト品川亮によるもの。赤いギターを手にし、荒れ狂う海でギターを抱えた“BAKEMONO”が描かれている。なおワーナーミュージック・ジャパンによる通販サイト「Warner Music Direct」では、このジャケットをデザインしたTシャツが付属するスペシャルパッケージの「BAKEMONO」が300セット限定で販売される。

HER NAME IN BLOOD「BAKEMONO」収録曲
01. Free Me02. Redemption03. All This Pain04. Last Day05. Cut It Out06. BAKEMONO07. Wasting Away08. Psychopath09. Home10. White Lies11. No Name12. Down13. Lonely Hell14. Last Day (KSUKE Remix)

※14曲目はボーナストラック

トム・ロード・アルグ コメント
このバンドのパフォーマンスは、スタジオでのトリックを何も使っていないのに信じられないほどタイトで、Ikepyのヴォーカルは情熱的で、強烈で、怒りに満ちている。「BAKEMONO」のミキシングは、本当に久しぶりに楽しい出来事だった!ドラムのレコーディングは本当に素晴らしく、Umeboのパフォーマンスを全く損なわないように、マイクが完璧に配置されていた(これは全てのレコーディングにおいて模範となるべきである)。ベースとギターのパートも、精密に録音されており、MakotoとDaikiとTJの素晴らしいサウンドが聞けたのは、非常に喜ばしいことだった。それから、完璧にレコーディングされたIkepyの圧倒的なヴォーカルにも感心させられたよ。HER NAME IN BLOODと彼らのプロダクション・チームがこのレコーディングに注ぎ込んだこれらの仕事のおかげで、私は自分のエネルギーを、このミキシングと全ての曲を最高に驚異的なサウンドに仕上げることに集中できたんだ!

最終更新:8月3日(水)17時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。