ここから本文です

楽天・今江が小児がん患者支援の寄付、ロッテ時代から1打点1万円

デイリースポーツ 8月3日(水)17時6分配信

 楽天・今江敏晃内野手(32)が3日、NPO法人「小児がんフロンティアーズ」に寄付金の贈呈を行った。

 この活動は、今江がロッテに在籍していた2010年から行っている。毎年1打点につき1万円の寄付をしており、その寄付金は小児がん患者、経験者、家族の支援に充てられている。ここまで計303万円を贈呈してきた。

 この日、今江は昨季の38打点に基づき38万円を寄付。現在は退院し経過観察中の石川ジェローム君(12)と対面し、「これからもっと打点をしっかり稼いで、寄付できるように頑張りたいです」と決意を新たにした。石川君は「今江さんに会えるのをすごく楽しみにしていました」と笑顔を弾ませていた。

最終更新:8月3日(水)17時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。