ここから本文です

深田恭子、伊原剛志のキスをのけぞって阻止!

Movie Walker 8月3日(水)19時50分配信

2014年にスマッシュヒットを記録した歴史エンタテインメントの続編『超高速!参勤交代 リターンズ』(9月10日公開)のスペシャルセレモニーが8月3日に都内で開催され、佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、柄本時生、六角精児、中尾明慶、富田靖子、陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督、猿の菊千代がズラリと登壇。“SANKINPIC 2016”と題して、男性陣が徒競走にチャレンジ。1位となった伊原が、深田にご褒美のキスをおねだりをした。

【写真を見る】夫婦役を演じる佐々木蔵之介と深田恭子。美しい着物姿を披露!

本作は、幕府から突如、参勤交代を命じられた弱小貧乏藩の面々が、知恵と工夫で無理難題に挑む姿を描いたユニークな時代劇の続編。

劇中で走って参勤交代することにちなみ、この日は会場に7メートルの陸上トラック風カーペット敷かれ、男性陣が“超短距離”ながら猛ダッシュを披露した。見事、1位となった伊原は、深田から金メダルを授与されることになると、深田の肩を抱いてキスをおねだり。深田がのけぞるように伊原からのキスを阻止すると、会場も大爆笑だった。

レースの感想を聞かれた深田は「伊原さんが速かった。大人なのに、絶対に一番になろうと頑張っている姿がとってもよかった」とニッコリ。伊原は「それなのに、チューがもらえなかった」とぼやくことしきりだった。また、富田は「私の愛する主人を演じた寺脇さんが最高にかっこよかったです」と夫役の寺脇の勇姿に惚れ惚れ。寺脇が「愛しているよ」と返すと、富田も「あなた!」と役になりきるなど、息の合ったやりとりで会場を沸かせていた。

「本気で走った」という佐々木は、「この何千倍も走って、何千倍も汗をかいて、何千倍もの熱量を持った映画です!」と映画を力強くアピールし、会場からの拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:8月3日(水)20時41分

Movie Walker

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。