ここから本文です

「ソードアート・オンライン」、ハリウッドで実写ドラマ化

ITmedia LifeStyle 8月3日(水)13時33分配信

 アニプレックスは8月3日、KADOKAWA「電撃文庫」発行の人気小説「ソードアート・オンライン」が米国ハリウッドで実写化されると発表した。米国のメディア企業、スカイダンスが実写映像化権を購入。原作に沿ったストーリーでテレビドラマを製作するという。

スカイダンスのロゴ

 ソードアート・オンラインは、世界累計1900万部を突破した人気小説。これまでにテレビアニメシリーズやゲームなどを展開しており、2017年春には初の劇場版アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―」の公開を控えている。

 実写化にあたっては、パイロット版エピソードの脚本家に「アバター」「シャッター アイランド」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」などを手がけたレータ・カログリディス氏を迎えるなど、「万全の体制で臨む」(アニプレックス)。またテレビドラマに続き、スカイダンス・インタラクティブによるVR(バーチャルリアリティー)体験のプロジェクトも立ち上げる計画だ。

最終更新:8月3日(水)13時33分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。