ここから本文です

[芸能]映画「釜山行き」 観客数900万人突破

聯合ニュース 8月3日(水)18時54分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「釜山行き」(原題)の累計観客動員数が900万人を突破した。

 韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網によると、同作は公開14日目の2日、観客動員数の累計が905万9682人となり、900万人を超えた。

 公開日の先月20日には観客85万8659人を動員。韓国で公開された映画のうち、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」が4月に打ち立てた公開初日の最多観客動員記録(72万7901人)を塗り替えた。

 遅くとも来週初めには1000万人を達成すると予想される。韓国では累計観客動員数が1000万人を超えた映画が今年はまだない。

 2月に公開された俳優ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン主演のヒット映画「華麗なるリベンジ」は、韓国での累計観客数が970万6697人で1000万人の大台には届かなかった。

 「釜山行き」は独創的なアニメーションを手掛けてきたヨン・サンホ監督初の実写映画で、韓国が前代未聞の災害に見舞われた中、ソウル駅を出発した釜山行きの高速鉄道(KTX)に乗った人々の命懸けの闘いを描いた。

最終更新:8月3日(水)19時21分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。