ここから本文です

東芝、“レグザ”のエントリーモデルにも前面スピーカーを採用――パーソナルサイズの「S20」シリーズ

ITmedia LifeStyle 8月3日(水)13時34分配信

 東芝は8月3日、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、テレビ前面にスピーカーを配置した「S20」シリーズ2機種を発表した。32V型の「32S20」と40V型の「40S20」を8月26日に発売する。価格はオープン。店頭では32V型が5万5000円前後、40V型は8万円前後(税別)になる見込みだ。

40V型の「40S20」

 シングルチューナー搭載のエントリーモデル。春に発売した「V30」シリーズ、4Kテレビの「M500X」シリーズに続き、画面の下に前に向けてステレオスピーカーを配置した。スピーカーユニットは、40×120mmのだ円形で、出力は各チャンネル10W。「臨場感あふれる明瞭(めいりょう)で迫力のある高音質を実現した」(同社)という。リモコンのボタン1つで人の声だけを聞き取りやすくする「クリア音声」機能も備えている。

 液晶パネルは、32V型がIPS方式のWXGA(1366×768ピクセル)解像度、一方の40V型はVA方式のフルHD(1920×1080ピクセル)となっている。映像エンジンは「レグザエンジン」。USB外付けHDD(別売)への録画にも対応しているが、内蔵デジタルチューナーが1基のため、テレビを視聴していないときに録画する“留守録”に限られる。このほか、ゲームに適した画質設定と映像遅延を約0.05fps(約0.83msec)に短縮を実現した「瞬速ゲームダイレクト」も搭載した。

 なお40S20については、40V型の液晶テレビとして業界ナンバー1の省エネ性能を実現。統一省エネラベルの多段階評価において最上位の“五つ星”を獲得している。

最終更新:8月3日(水)13時34分

ITmedia LifeStyle